About us

GLEAM GLEAM

グヤバノとは。

グヤバノは、南北アメリカ、アマゾン、アジアの最も暖かい熱帯地域に見られる熱帯の木です。
8メートル近くの高さになる茶色の細い木で、大きな緑の葉は滑らかで光沢があります。果実は、卵形またはハート形であり、長さ1030cm程度。果実の皮は皮がかっており、湾曲した、柔らかい、柔軟な背骨で覆われています。これらの棘の先端が簡単に壊れると、果物は十分に熟して食べることができます。やや酸味があり、食べ物としてさまざまな形で使われています。葉からはお茶を作ることができます。
グヤバノの葉は、穏やかで鎮静効果があると考えられています。オランダ領アンティル諸島では、葉を枕の中に置くか、マットレスの上に置いて、良い夜の睡眠を誘発すると言われています。

Pale Ale ・ Wheat ・ Stout

GLEAM GLEAM

Fruit&Tea

グヤバノの実と葉

その実は白くクリーミーで柑橘系の香りです。甘味とさわやかな酸味があり、グアバと桃を足したような味。ジュース、ヨーグルトやドライフルーツなどがあります。
その葉は、多くの地域で効能のあるお茶として広く親しまれています。乾燥させた葉を煎じてお茶にします。

NAME

その名前は。

グヤバノは、guyabano(フィリピン語)のことで、英名サワーソップ(soursop)guanábana(スペイン語)、graviola(ポルトガル語)、Brazilian pawpaw、、sirsak(インドネシア語)、corossolier、guanavana、durian benggala、nangka blanda、nangka londaなどと呼ばれることがあるようです。
日本語ではトゲバンレイシあるいはシャシャップと呼ばれています。

MAP

何処にある?

グヤバノは、本来はメキシコ発祥。その後、その効能から世界各地に広がりました。
しかし、低温に弱く主に熱帯地域にしか生息できないようです。
日本では小笠原諸島に生息していて、その実が販売されている時もあります。沖縄本島でも生息には気温が低すぎるようです。

GLEAM GLEAM 

グヤバノは「ナチュラルガン細胞キラー」

 

がん細胞との戦い、血圧を下げる働きがあり、
免疫システムなどの改善に役立ちます!

 

グヤバノの果実、葉、茎、樹皮は、自然のがん細胞キラーかもしれません。
1996年にジャーナル・オブ・ナチュラル・プロダクツ(Journal of Natural Products)に発表された科学的研究では、免疫システムを保護し、致命的な感染症を防ぎました。
樹木から抽出された抽出物は:結腸、乳房、前立腺、肺および膵臓癌を含む12種類の癌に効果的でした。
化学療法とは異なり、実験室検査では、グヤバノから抽出した化合物が癌細胞のみを選択的に殺傷していることが示されています。それは健康な細胞に害を与えませんでした。
樹皮、葉、根、果実および果実の種子を含む樹木の様々な部分が、心臓病、喘息、肝臓の問題および関節炎を治療するために、南米の医師およびインド人によって何世紀も使用されてきました。
その結果、グヤバノの "葉と茎は悪性細胞の攻撃と破壊に有効であることが判明しました。
多くの独立した実験室試験では、グヤバノが強力なガン殺菌剤であるかもしれないことが証明されています。
この報告書の最も重要な部分は、グヤバノが癌細胞を選択的に標的とし、健康な細胞をそのままにしていることが示されたことです。これが化学療法とは大きく異なる点であると言えます。(http://www.guyabano.com/より抜粋翻訳)

DryFruits

ドライフルーツ

Yogurt

ヨーグルト

Juice

缶ジュース
 
 

GLEAM GLEAM

フィリピン古来より伝わる伝統療法ヒロット